« ふらり野良猫の旅 | トップページ | 地震だけに留まらず »

みじかい時間に深く

わめき散らかした後や取り返しのつかないことをしてしまった後、後悔するだけなら簡単だというお話。

旅から帰ってきました(早

時間にして丸一日とちょっと。
短い時間じゃあるけれど、長い時間悩んでた気がします。
でももう大丈夫、
少なくとも12月以前の私に戻れると思う。

おかえり、ととある友達が、言ってくれたので。

最初に望んでいたものが、
甘えや怠惰や傲慢や、もろもろのもので見えなくなって。

私は馬鹿だから。
なくすまでそれが大切なものだと気づけない。

逃げていれば楽だけど、
逃げていても後は痛みしか待っていない事にやっと気がついた。

古い首輪をやっとおいていけました。


何故そこの家の飼い猫になりたかったのか。
そこの主が好きなのは当然だけど、好きだから、なら何をしてあげたかったのだろう?

言葉をかけるのがいいことなのかわるいことなのか、
分からないと言うなら態度で示せばよかった。
こちらへおいでと呼ぶのを躊躇われるなら、そちらへ行ってもいいかと問えばよかった。

他の猫の事が気になっても、私だってたくさんの猫の中の一匹。
気にするだけ、無駄なこと。
気にする暇があるのなら、他の猫とは違うんだ、この猫じゃないとダメなんだと想ってもらえるように動けばよかった。

もう遅いけど。
でも今からでも。

そうなれるように帰ってきました。

ただいま。

友達が、おかえりと出迎えてくれたように。
どうかあの家の主の、居場所になれますように。

嫌われないための頑張りと、
好かれたいための頑張りは、
似ているようで違うから。
…同じじゃ、ないよ。

|

« ふらり野良猫の旅 | トップページ | 地震だけに留まらず »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふらり野良猫の旅 | トップページ | 地震だけに留まらず »